iPhone(アイフォン)6ガラス割れ修理

iPhone6のガラス割れとは、ディスプレイ画面の表面部分のガラスが衝撃を受けて割れてしまったり、ヒビが入って破損している状態です。

まるで窓ガラスが割れたようにiPhone6のディスプレイ画面に割れ目やヒビが入り、
ガラスの下にある液晶部分は正常に作動して画面表示は正常なのに、ガラスの割れ目やヒビで画面がよく見えなくなります。
iPhone6に使用されているガラスは表面に何らかの衝撃で傷や割れ目がつくと、
そこから更に損傷が広がっていくものになっており、
少しでも傷や割れ目ができると容易に粉々になるところまで割れが進むこともあります。
特に最近はiPhoneをはじめとしたスマートフォンのデザインが、本体ギリギリの部分まで画面があるものが増えて、
それだけ画面の占める部分が多い為に本体に受けた衝撃がダイレクトに画面のガラス部分まで伝わり

割れてしまうことが多いです。
さらに新機種の発表の度にどんどん本体が薄型で軽量化が進んでいるので、
画面のガラスには負担がかかりやすい機種が増えつつあります。
iPhoneに特化した事であれば、iPhone6以降の機種からはサイズが大きい+(プラス)タイプも登場し、
画面の大きいiPhoneをお使いの方もいらっしゃると思いますが画面が大きい分、
衝撃を受けた際にガラスが破損しやすいところも気をつけたいですね。
しかし、iPhoneは他のスマートフォンのようにタッチ認識がガラス画面についていて画面を破損すると同時にタッチに支障が出てしまう構造ではないため、
画面のガラスが割たままでもタッチ操作ができる事が多く、ガラスが割れてしまってもそのまま使用して修理は後回しにしてしまう方はよく見かけます。