iPhoneガラス割れ修理

iPhone修理の中で最も多いのがガラス割れ修理です。

iPhoneの液晶ディスプレイ画面は表面部分がガラス、ガラスの下に液晶パネルが付いています。

落としてしまったりぶつけてしまったりと、ガラス面が衝撃を受けて割れてしまったり、ヒビが入って破損している状態です。

 

iPhoneの構造上、ガラス面が割れたりヒビが入ってしまっても、タッチ操作は普通に使える場合が多く、ガラスが割れていてもそのまま使用してる方も多々見受けられます。

 

しかし使用は出来ていても、ガラスが割れたまま使い続けると、割れた個所から徐々に損傷が広がり、どんどん悪化してしまう可能性が高いです。

また、割れた個所からゴミが入ってしまったり、雨などが入ってしまい水没してしまう等、最悪中の基板が故障してしまい、修理自体が難しくなってしまう事もあります。

割れたままの使用は破片で怪我をしてしまう恐れもあり、大変危険です。

 

最近はiPhoneをはじめとしたスマートフォンのデザインが、本体ギリギリの部分まで画面があるものが増えて、それだけ画面の占める部分が多い為に本体に受けた衝撃がダイレクトに画面のガラス部分まで伝わり割れてしまうことが多いです。