iPhoneバッテリー交換

iPhoneを使用すれば必ず訪れるのがバッテリーの消耗です。

ケースや保護フィルムで綺麗に大切に使っていても

 

使えば使うほど、バッテリーは消耗してしまいます。

 

・充電をしているにもかかわらずバッテリーの残量が増えない
(ソフトウェアの再起動やiPhoneの復元を行っても改善されない場合は、バッテリー不良の可能性が高いです)
・使用していない時に急速に残量が減って行く
・通常使用中にバッテリーの残量が有るのに突然、電源が落ちる
・iPhoneの充電中に本体がとても熱くなる
・バッテリーの膨張のためにディスプレイのガラスが浮いてくる

iphoneのバッテリー交換:iphoneの電池は大体1年半くらいで寿命がきます。もちろん使い方にもよりますが、一年半から二年使うと一日持たなくなります。そんな時は電池交換をする事によって元通りに使えるようになります。